2022-01-03

私の楽園

今朝の自然光がとても綺麗で、店内の絨毯と植物の色と質感がとても美しく見えました。

モロッコから届いたばかりの、ナチュラルモロッカンホワイト×ビリジャンの植物柄の絨毯が、より柔らかく優しくみえます。

入口の大きな窓から入る光は、この店の栄養です。

昨年、お店をつくるときに、予算が足りるだろうか?と入口の窓の仕様のランクを下げようか、と考えていたとき、「お金が少し多くかかったとしても、絶対に見え方が違うからいいと思う窓にしたほうがいいよ」と言ってもらい、お店の顔になる大事な場所だったので、そうだよねと思ったのでした。

これまでの経験をもとに判断してくれる人が側にいてよかったと思うのと、あのときはいろいろ不安だったけど、やっぱりこうしてよかった!と今朝の光に出会って思いました。

「あのとき」に何をどう選択するか。想像力が問われますね。
暮らしも同じく、今の自分の世界観を越えていくこと、たかだか自分のもちえたちっぽけな知識にとらわれないことは大切だなぁと。

「私の楽園」は未来で満足している自分の姿を思い描くことで手に入るものなのかもしれませんし、大切なものは何か、について考えていけばきちんと「楽園」に辿り着くのかもしれません。

12月にいただいたお花をドライフラワーに。

ピンクと紫の小さな花があんまりにも可愛くて、集めてガラスに入れました。

見ているだけで幸せです。

じっくり、ゆっくり、絨毯の話を聞いたりみたりしたい方はご予約ください。

    関連記事

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    Home
    Blog
    Cart
    Access